これも精密機械?身近にある機器と概要

実は身近にある?家庭にもある精密機械

精密機械ってどんな機械?

私達が普段何気なく使っているパソコンやスマホ。これは精密機器でとてもデリケートなものです。 精密機器は厳密に言うといくつかのカテゴリに分類されるのですが、家庭や身近にある精密機器を紹介していますので、自宅にいくつあるか数えてみるのも良いです。

業務用として使われている精密機械

精密機械といえば工場や生産業をイメージしますが、あながち間違っていません。家庭で使われる精密機械よりも大きなものがメインで、様々な役割をもっていてこれらの機械が無いと私達の生活が成り立ちません。 業務用として使われている精密機械はどんなものがあるのでしょうか。

精密機械がトラブルを起こしたらどうすべき?

非常にデリケートで専門家でも壊してしまうといわれる精密機械ですが、もし家庭で使っていて不具合を起こした場合は何をすれば良いのでしょうか? カテゴリ別に対処方法を公開しているので参考になります。但し知識に自信が無い方は速やかに専門機関へ相談するのがベストです。

これも精密機械なの?

精密機器と聞くと大掛かりな機械をイメージしたり、一般的な物では無いと決めつけたりする事が多いですが、それは間違いです。私達の生活の中には多くの精密機器があり、こららが無いと生活が成り立たないとも言われています。
ちなみに精密機器は多くのカテゴリに分けられていて、医療機器・精密測定機器・工作機械といった物があります。他にも数多くのものがありますが、多くの機材が使われていて複雑な動きをするものが精密機械になります。そう言われると曖昧で判断が難しいと思うかもしれませんが、カテゴリが広すぎて定義するのが難しいのが現実です。
アナログ時計も精密機器ですし、PCやスマホも同じ精密機器です。工場で使われる様な大型の機械はもちろんの事、星を見る時に利用する天体望遠鏡も精密機器になります。そう考えると不思議ですし私達の生活の身近にある事が分かります。
近年はデジタル家電がトレンドで使う方も多いのでより身近な存在になりつつあります。日本は小さなものや細かなものづくりが得意で、その技術力は世界的に見ても上位に入ります。海外でも日本製の家電や精密機器は大変人気で、わざわざ買い付けに来る方も後を絶ちません。最近ではロボット工学の技術が見直され日夜多くのサービスを排出していますが、これも精密機器の部類に入ります。
ここでは精密機器の種類や、メンテナンスの必要はもちろんですが、精密機器が無いと生活はどうなるのか?に着目しています。

TOPへ