この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

業務用として使われている精密機械

工場で使われている精密機械たち

精密機器と言えば工場で使われる機械をイメージしますが、実際に工場ではどんな機械が使われているのでしょうか?
工場で使われる精密機器には2種類あり作業をする為のマシンとマザーマシンに分けられます。前者は与えられた作業を黙々とこなす機械で工場にある8割はこのカテゴリに分類されます。レーザー加工機・スライサー・放電加工機・折り曲げ機といったものがあります。
後者は作業マシンを作る為の精密機械で、母体となるのでマザーマシンと呼ばれています。この機械は機械を作る元になるので、大掛かりなのはもちろんですが費用もかなりのものです。これが故障すると生産性が著しく落ちてしまうので定期メンテナンスを欠かせませんし、取扱いには注意が必要です。

精密機械がないと生活はどうなる?

もし精密機械が無かったら、私達の生活はどうなるのでしょうか?まずパソコンやスマホがなくなるので、今の様に検索したり調べ物をしたりするのが困難になり、図書館へ行ったり辞書を引かなくてはなりません。交通機関にも大きく影響を与えバスや電車、マイカーも精密機器になるのでこれらが使えず移動範囲が徒歩圏内になり、大きく狭まります。テレビやDVDプレイヤー、果てには音声出力するスピーカーやアンプも精密機械なので娯楽のほとんどがなくなります。
簡単に考えてもかなり生活が厳しくなりますし、ビジネスの面でも相手とのコンタクトが取れなくなるので成り立ちません。そう考えると私達の豊かな生活は精密機械によって成り立っている事が分かります。


TOPへ