この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

精密機械がトラブルを起こしたらどうすべき?

とてもデリケートな精密機器

当然ですが精密機器は複雑な機材が複数絡み合っているので、デリケート且つ手入れには気をつけなければなりません。日常生活で使われる精密機器は防塵・防滴機能がついているものもありますが、それでも扱いによっては故障してしまうケースもあります。
精密機器は振動に弱く、輸送の際にも注意しなければなりません。特にPCやスマホで使われているHDDやチップセット類は特殊なコンテナを使って運び込まれるのがほとんどです。
工場で使われている精密機器も同じくデリケートなので、定期的にメンテナンスをしてあげなければいけません。故障を恐れて使わなさ過ぎるのも、トラブルの原因になるので時折通電しなければならないのも、精密機械の特徴です。

むやみに修理するのは危険?

当然の事ながら素人の知識で精密機器を修理するのはとても危険です。いくら安全に作られているからといっても、用途以外の目的で使われるとトラブルが発生しますし、ケースによってはケガの原因にもなります。その為、少しでも状態がおかしいと思ったら、まずは再起動をして様子を見ます。それでも改善がなければメーカーへ指示を仰ぎ専門家に修理してもらうのがベストです。
別の項目でも説明しましたが精密機械は振動に弱いので出来る限り振動する物から遠ざける、また機械によっては磁気を苦手とするものもあるので、出来る限り磁気を発生させる物も近づけないのが無難です。
これらを守れば精密機械の寿命が長くなり、いつまでも便利に使う事が出来ます。


TOPへ